入学式でのマナー|入学式・入園式の母親(ママ)用スーツ特集

入学式でのマナーについて

入学式は子供が主役です。

 

式に参加する保護者の方々は、あくまで脇役なので、主役より目立ってしまっては、
元も子もないですから、式でのマナーをしっかりおさえておきましょう。

 

 

式の最中のお喋りは控えましょう。

入学式では、顔見知りの保護者はもちろん、初めて顔を合わせる保護者もいらっしゃいます。知っている間柄であれば、当然お喋りが始まりますよね?ですが、式の最中は、子供が主役ですから、お喋りをすることで他の保護者にも迷惑がかかりますし、大事な入学式を台無しにしてしまうことにもなりかねません。これは一番守らなくてはいけません。

 

周りを気にせずに記念撮影をするのはやめましょう。

子供の晴れ姿を写真やビデオに収めたい気持ちは、どの保護者も同じです。ですが、自分本位でやっていては、他の保護者に迷惑がかかります。「自分がしていることは、他の保護者もしたいに違いない」と思いさえあれば、遠慮する気持ちや譲り合う気持ちも生まれます。保護者同士で長いお付き合いになるかもしれませんので、印象を悪くしないように、周りにも気を配るようにしましょう。

 

下の子供が騒いでいても、放置するのはNGです。

入学式にまだ幼い下の子を連れてくる保護者は、たくさんいらっしゃいます。式の最中に、下の子が騒いでいても放置してしまうと、式の進行が遅くなりますし、幼い子同士で騒がれては、会場全体が嫌な空気になりますね。騒いでしまったら、無理に抑えるのではなく、会場の外に一緒に出るなりして、回りに気を配ることが大切です。

 

 

いくつか挙げましたが、子供の大切な入学式をスムーズに行う為、保護者同士の関係を悪くしない為に、最低限守っていただきたいので、是非参考にしてみてください。